ハラスメント


電話は新入社員が受けるべき?

電話は新入社員が受けるべき?

電話代行サービスを開発・運営する「うるる」は3月31日、「職場の電話対応の実情」に関する調査結果を発表した。調査は3月にネット上で実施し、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪の6都府県に住む22~59歳の会社員400人から回答を得た。

「会社への電話を不要と感じたことがある」と62.8%が答えた。新入社員に限ると、64%が回答。理由を聞くと「取り次ぎが無駄だから」「直接携帯にかけてほしい」「email で対応可能だと思うことが多い」といった声が寄せられた。

「自分が出なければならない」と63.3%が義務感を感じている

「昔と比べて電話の必要性を感じていない」と答えたのは63%。総務部門の社員に限ると、72.2%が「あまり感じていない」「まったく感じていない」と回答した。理由としては、

「他の人が受けても問題が無いため」
メール、問い合わせメールチャットZoom等でまったく不便ではないので」

といった声が寄せられた。ビジネスチャットツールなどが普及したことも、電話の重要性が薄まっている要因になっているようだ。

また、66.3%が「会社への電話を受けることに対してストレスを感じる」と回答。主に「業務が中断されるから」「電話対応に時間がかかるから」「電話の取り次ぎが面倒だから」といった理由が挙がった。

一方で「会社への電話は自分が出なければならない」と義務感を感じている人も63.3%にのぼる。新入社員からは「新人が電話を受ける風習で、上の方々は皆経験してきているから」、総務部門の社員からは「業務の一部なので仕方がない」などの理由が挙げられた。

同社は「会社宛ての電話は新人が取るべき」「総務部門社員が電話に出るのは当たり前」といった職場の慣習や空気感により、”年齢や肩書によって電話対応を押しつけられる状態”を「TELハラ」と命名。新しい職場のハラスメントとして捉えているという。

"会社宛ての電話は新入社員が受けるべき"は「TELハラ」 「ストレスを感じる」と会社員の7割が回答


(出典 news.nicovideo.jp)

新入社員から経験を積んでいくのに
『電話をとる』行為は重要なものだと思う。

得意不得意はあるでしょうが、
粗相のないよう言葉遣いや取り次ぎへの応対も、
含めて『社会経験』ではないでしょうか。

何でもハラスメントをつければ
いいってものじゃないですよね。

<このニュースへのネットの反応>

【【TELハラ?】『会社宛の電話を受ける』に、ストレス感じる新入社員】の続きを読む


女性蔑視がひどい職場

女性蔑視がひどい職場

昨今、ジェンダー問題には多くの人が関心を寄せているが、それに逆行するようにキャリコネニュースには「女性というだけで差別された」という経験談が寄せられている。

家電量販店で接客業をしている40代女性は、「お客様(特に高齢の男性)には女性店員は見えていないかのような扱いを受けます。来店時に『男の人いないのか?』と言われます」(静岡県)と語る。

令和になった今もこのような差別が起きていることに驚く。他の経験談も見て行こう。(文:林加奈)

「ついぞ女性社員にPCが与えられることはありませんでした」

茨城県に住む20代女性は、新卒で入社した会社でバイクを使用した配送業務を担当した。その会社では、配達に出る前に課長が二輪の運転技能を見て許可が出たら業務開始となる。テストでは男性同期とともに許可がおりたにもかかわらず、「部長から私に待ったがかかりました」と振り返る。

「その職場は80人中女性が3人だけの圧倒的に男性社会。うち一人の女性が以前転倒したことから、部長は女性配達員に不安を持っていました。転倒や事故は男性でも日常的に起こしているのに…」

男性同期が配達に出る中、技術面で何の問題もない女性は一か月間、一人で練習させられたという。その後、内勤になった時にも差別を受けた。男性社員には一人一台与えられていたPCが、女性社員には与えられなかったのだ。

「女性社員はその男性たちが席を外している間、間借りでそのPCを使う状況でした。PCの技術は私の方が売他の男性社員より上でしたが、ついぞ女性社員にPCが与えられることはありませんでした」と落胆する。

「どれだけ成果を出しても横取りされ、言いくるめてくる」

神奈川県の30代女性の職場でも「女性蔑視がすごい」と語る。やはり男性の割合が多い職場だからか、女性が目立つことをよく思わない風潮があるという。

「どれだけ成果を出しても横取りされ、言いくるめてくる。成果を出すほど女のくせに生意気と言わんばかりに足を引っ張る。『女なんか仕事取れないんだから俺が取ってきたのをやれ』と言われたこともありますし、挙句の果てには『女性なんだしこんなもんでいいでしょ?』と、実務と成果に合わない低報酬を提示されたことがある」

耳を疑うような差別発言ばかりが並ぶ。女性は「この仕事が好きで努力してきたのに、誰を信じていいのかわからなくなったり、自信を無くしたりした時もありました。女性であることを心の底から悔しく思ったこともあります」とつらい思いを吐露。

そして、女性蔑視が起きている現場について「性別を問わず互いの能力を尊重しあい、協力していけばいいものを作れると思うのですが、現実はそうではありません。女だからうまく使えると足元を見てくる人が多いです」と明かしている。

※キャリコネニュースでは引き続き
「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことのほか「会社や人事にバレたらヤバいこと」「夫・妻に対する不満」などのアンケートを募集しています。

女性差別がひどい職場「男性は一人一台PC、女性はなし」「男の店員はいないの?」


(出典 news.nicovideo.jp)

男性のおおい会社は
まだそういった社風である
事が多いと思います。

が、そこばかり焦点を当てて
いても解決はしないので、
しっかりと向かい合う努力は
必要だと思います。

<このニュースへのネットの反応>

【【女性差別】がひどい職場『女なんか仕事取れないんだから』】の続きを読む

このページのトップヘ