家計


 政府が制度化を目指している「給与のデジタル払い」について、どのように考えている人が多いのだろうか。全国の男女に聞いたところ「賛成」と答えたのは22.1%に対し、「反対」は40.9%であることが、日本トレンドリサーチ(東京都豊島区)の調査で分かった。

【その他の画像】

 年代別にみると、30代以下は「反対」37.1%に対し、「賛成」は34.3%と、「給与のデジタル払い」に肯定的な人が多いようだ。

 「賛成」と答えた人からは「店舗に行くことなく、全て端末上で送金や決済ができたほうが感染症の予防や人件費の削減につながると思う」(30代・男性)、「自分は利用しようとは思わないが、給与振込先の選択肢が増えることは悪くないと思う」(30代・女性)といった声があった。

 一方、「反対」と答えた人からは「インフラがまだ完全に整っていないし、安全性も全く担保されていない。選択肢の一つに入れるのも反対」(50代・男性)、「家賃や公共料金など、現金での引き落としや振り込みで支払うものがあるから」(40代・女性)などの意見があった。

●自分が受け取る給与

 自分が受け取る給与について、「デジタル払い」になってほしいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。「なってほしい」と答えたのは20.9%に対し、「なってほしくない」は79.1%。

 「なってほしい」と答えた人からは「デジタル決済が普及する足掛かりになるから」(40代・男性)、「遅かれ早かれ、嫌でもそうなるから」(40代・男性)といったコメントがあった。一方、「なってほしくない」と答えた人からは「アプリの障害が起きそう、受け取れなさそうだから」(40代・男性)、「ローンなど銀行口座引落しなので、手間がかかることになるから」(40代・男性)などの声も。

 今回の調査結果を受けて、日本トレンドリサーチは「新型コロナウイルスの感染拡大も後押しとなり、現金を取り扱う機会が減り、若年層を中心に電子マネーの利用が進んでいる。いずれ『給与のデジタル払い』が当たり前になるのだとしても、今はまだ不安を感じてしまう人が多いようだ」としている。

 インターネットを使った調査で、全国の男女1000人が回答した。調査期間は4月6日から7日まで。

給与のデジタル払いについて


(出典 news.nicovideo.jp)

ちゃんと支払われるのか
デジタル払いは心配になる。

結局PayPay払いとかしてるから
関わってないことないんですけどね。

<このニュースへのネットの反応>

【『給与のデジタル払い』に反対40.9%、理由は??】の続きを読む


「手取りが低くてキツい」

「手取りが低くてキツい」

生活していくために必要な給料。手取り額がいくらになるかで、自由に使えるお金も変わってくるため、手取りが少なければ生活は厳しくなるだろう。企業口コミサイト「キャリコネ」には、

「月額手取り17万円。年収200万円~240万円。収入面ではあまり期待が持てない。ボーナス査定も非常に配慮していただいているのは感じるが、それが反映されるケースは少ない」(海外営業/20代後半/男性/正社員)

といった、少ない手取りに対する不満が寄せられている。(文:コティマム)

「東京で一人暮らしすると、服も買うのでお金は貯めることができませんでした」

店舗スタッフを退職した20代男性(在籍時:正社員/年収220万円)は、当時の年収や手取りについて「その辺のバイトの方が稼げます」と語る。

「賞与年14万円くらい。月収が手取り15万円程。東京で一人暮らしすると、服も買うのでお金は貯めることができませんでした。借金している社員もいた」

都内の高額な家賃や、光熱費、食費、被服費を考えると、手取り15万円ではカツカツだ。仕事をしているのに借金生活を強いられるとは、何のために働いているのかわからなくなるだろう。

物流サービスの仕事を退職した30代男性(在籍時:正社員/年収380万円)も、当時の給料について「新卒で10年以上働いても、残業無しで手取り月額20万円を稼ぐことすら厳しかった」と振り返る。会社が残業時間の削減を求めていたため、残業代で稼ぐのも難しかったようだ。

「業務事故の再発防止策など求められる仕事が増えていく中で、残業を減らすことが難しく、サービス残業を行っている所も当時はあった」

「28歳で手取り19万円弱。これではキツい」

代理店営業職を退職した20代男性(在籍時:正社員/年収450万円)は「給料が低い。28歳で手取り19万円弱。これではキツい」と当時の手取りの低さを嘆く。退職理由については「ボーナスも下がり続けていたし、会社の将来性がとても不安なため。これから伸びはしない」と明かした。

生産・製造技術職として働いている20代男性(正社員/年収370万円)は、勤め先の給料について「残業しないと給与は安い。大体手取り14万円くらい。残業してもそんなに高いと思えない」と綴る。

男性の給与の内訳は「基本給、調整給、資格給」の3つに分かれている。内訳を見ると、「基本給が5万円位」だったという。基本給が低すぎるため、基本給をもとに計算される退職金や賞与なども必然的に安くなってしまう。基本給が普通に最低賃金以下なので法律違反に該当する可能性が高い。男性は「退職金や賞与などを安く抑えていると思われる」と不信感を抱く。

基本給以外でなんとか稼ぎたい男性だが「資格給は会社独自の資格試験が年に1回あり、合格して等級を上げないと給与は上がらない」と語る。

日々の生活のためだけでなく、仕事のモチベーションにも深く関わる給料。納得のいく生活を送るためには、転職や副業を考える必要があるかもしれない。

【参照元:キャリコネ】

※調査ワード「手取り」

15万円以下も!低すぎる手取りに絶句「残業しないと14万円」「生活できず借金してる社員も」


(出典 news.nicovideo.jp)

アルバイトの方が
稼げますね。

これならまだ地方で働く方が、
家賃も食材も安いので
オススメですよ😨

<このニュースへのネットの反応>

【東京で『月収14万円』でカツカツ 基本給額が「最低賃金以下」生活とは?】の続きを読む


晩酌は第3のビール

晩酌は第3のビール

世の中には、年収1000万円の大台を突き抜けていながら、慎ましやかな生活を送る人もお多い。神奈川県に住む、世帯年収1400万円の50代男性(会社役員)もその1人。夫婦共働きで男性が年収1000万円、妻が年収400万円、子どもが1人いる。

「現時点では、収支に対する不安はありませんが、将来を考えると散財はできません。年金額を計算したら、今の収支状況に危機を感じ、妻の収入は全額貯金しています。子ども中学校から市立に変えましたが、塾代も合わせると年間150万円ほどかかります」

男性は勤務先の将来性を危惧しており「非上場企業なので、いつまで働けるのだろうか……」ともらしつつ、総じて「今の生活で裕福に感じたことはありません」と結んでいる。

同じく神奈川県在住の30代男性(商社系)も、ダブルインカムで世帯年収1400万円。男性は転職を経て一気に年収がアップした。それまでは「漠然と年収1000万円に憧れのようなものを抱いていました」と振り返り、現状について打ち明けている。(文:鹿賀大資)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「これが独身なら、もっと日々の生活に変化を感じていたでしょう」

夫婦それぞれの現在の年収は、男性が1100万円、契約社員の妻が300万円だ。男性は前職でエンジニアをしており、当時の年収は500万円以下だったという。転職で倍以上の年収アップに成功した勝ち組だが、「正直、すごく地味な生活」と続ける。

「これが独身なら、もっと日々の生活に変化を感じていたでしょう。でも子育て世代にとっては、あまり裕福とは言い難いのが実情ではないかと。収入が増えても、小遣いは昔と変わらず月3万円ですから。それに昔より晩酌のビールグレードは下がり、今は第3のビールになりましたし」

ちなみに家計は妻が管理しており、増えた収入の大半が「子どもの養育費と貯蓄に回っています」とこぼしている。また外食は、たまに仕事の出先で1000円以下のランチをする程度で、朝と夜は「基本的に家で食べています」とも付け加えていた。

イオン系列の安いスーパーで、5%オフの日にまとめ買いする」

ほかには、

子どもが1人います。まあ生活には満足していますが、贅沢はできていません。イオン系列の安いスーパーで、5%オフの日にまとめ買いするなどの工夫をしています」(50代既婚男性/金融・保険系/世帯年収1200万円)
「結婚が遅く子ども2人もまだ小さいので、将来の教育費をつみたてNISAや投資信託でためています。外食では株主優待を使うなど、現金はあまり使わないように工夫しています」(40代既婚女性/兵庫県サービス系/世帯年収1300万円)

といった声も寄せられた。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを募集しています。

—–

【あわせて読みたい】
世帯年収1300万円、30代男性の生活「持ち家を購入して以来、昼は弁当持参。週末の外食も1人1000円以下」
世帯年収400~600万円の生活「スーパーで半額惣菜、見切り品のお肉や野菜しか買えません」

世帯年収1400万円の30代男性「晩酌は第3のビール。正直、すごく地味な生活。小遣いも月3万円」


(出典 news.nicovideo.jp)

年収が上がったら
裕福な生活をしてしまうところを
奥様がしっかり締めているんですね。

浪費家の奥様よりは、ありがたいかと☺️

<このニュースへのネットの反応>

【【年収1400万】勝ち組でも地味な生活『裕福に感じない』】の続きを読む

このページのトップヘ