趣味・興味・関心


 韓国Netflixで『鬼滅の刃主人公の耳飾りデザイン旭日旗を連想させると非難を浴び、メイン画像が変更されたことが話題に。動画配信サービスによって世界各国から日本アニメが気軽に鑑賞できるようになった一方で、思わぬ批判に晒されるリスクも改めて露見した。果たして耳飾りデザイン変更は適切だったのか。韓国での日本アニメ受容の現在と、アニメコンテンツ“現地化”が抱える課題について、アジアの歴史的研究や、韓国・台湾での日本アニメの受容について研究する、中部大学の山元貴継准教授に話を聞いた。

【動画】煉獄さんの「よもやよもやだ!」はなんて訳される? 英語版の映画『鬼滅の刃』PV

■韓国でも驚異的ヒットの『鬼滅』、劇場版公開時の騒動が再燃

 『鬼滅の刃』が韓国で注目を浴びたきっかけは、2019年4月の韓国ケーブルテレビにおけるTVアニメ版放映だ。その頃から「耳飾りのデザイン旭日旗に似ている。変えなければ劇場版は観ない」と一部の韓国人によって非難される事態になってはいた。一方で韓国国内でも「オリジナルを尊重せよ」「観なければいいだけのこと」の声もあがっていたが、韓国での劇場版2021年1月公開)では、配給側は耳飾りのデザインを変更することを選んだ。この劇場版は、4月5日時点で通算観客動員数158万人超と驚異的なヒット作品となっている(映画振興委員会・映画館入場券統合ネットワーク調べ)。

 この人気を受け、2021年2月に韓国のNetflixでは『鬼滅の刃』TV版が配信される。だがそのメイン画像にある炭治郎の耳飾りが変更前のデザインであったことから、「変更せよ」と騒動が再燃したのである。

 この騒動に日本では、「また始まった」と呆れる声が多数上がる。「放射状のデザインを見るとすぐ騒ぐ」「むしろ花札に似ているのでは」など大きな反論を巻き起こした。さらに韓国の民間団体(サイバー外交使節団)「VANK(ヴァンク)」が「オーストラリアなど各国でのNetflixでも耳飾りを修正せよ」と世界発信に向けて動いたことで日本での反発は強まり、「いい加減にしろ」などの怒りの声も多数見られるようになったのである。

 今回のNetflixでの騒動について山元准教授は「やはりそうなってしまったかというのが最初の印象」と話す。

「近年に入ってから急騰した『旭日旗』探しと反発は、日本のものだけでなく世界各国のものに向けられています。しかし最初にお伝えしておきたいのは、このような『旭日旗』とそれに類似したイメージへの過激な反発はかなり新しい動きです。また、それに対する激しい反発も必ずしも韓国の人々全体のものではない。こちらの手元にもある、原作コミックスの韓国版でも修正などは加えられていなかったです」(山元准教授)

 つまり、映画の段になってそのキービジュアルが韓国側で広く見られるようになり、過激な層が飛びついた結果なのだ。

 山元准教授が言うように、韓国での旭日旗問題はごく最近の動きだ。その例として1991年に発表されたゲームストリートファイター 2』では、エドモンド本田ステージシーンに大きな旭日デザインが描かれているが、当時韓国からの反発はなかった(その後、再発売される際に変更)。また2012年韓国人歌手PSYが公開したMV『江南スタイル』には旭日旗を模したバナーが登場しており、この時も批判されることはなかった。

こうした騒動が生じると、作品を大っぴらに鑑賞しづらくなる。そのため今回の件を迷惑に思う人も多いという。

「韓国側の報道では、(劇場版について)ソウルなど大都市では客入り好調のようですが地方都市では厳しいようです。もともと韓国ではアニメ自体を大っぴらに観ることが難しく、とくに日本作品についてはより難しい。知り合いに会わない、知り合いがいても気づかない大都市の劇場に多くの人々が足を運ぶことも。そうした方々の大多数は、今回の騒ぎは迷惑に感じていると思います」(山元准教授)

■日本アニメは“現地化”も、「日本放映のまま観たい」需要の高まりも

 そもそも、韓国では以前より日本アニメの人気は高い。新海誠監督の『君の名は。』は観客動員数370万人超えの大ヒットを記録。宮崎駿監督の『ハウルの動く城』が約300万人、『千と千尋の神隠し』が約200万人とジブリ作品も親しまれ、多くの韓国人が「日本アニメが好き」と言っている現状がある。

 だがその前提として、キャラクターや舞台が“現地化”されている例が多い。結果、『鉄腕アトム』や『マジンガーZ』、『ドラえもん』など日本のアニメではなく韓国のアニメだと思っている人も少なくない。ちなみに、『クレヨンしんちゃん』のしんちゃんの名前は「シン・チャング」と、韓国式の名前に改名されている。

 「現地化」について山元准教授はこう解説する。

「韓国では、幼児・児童向け作品については依然として、登場人物の名前や設定、その舞台までも韓国各地にするといった“現地化”がはかられてきました。ちなみに、『プリキュアシリーズなどの“現地化”は徹底している…というより、近年は最初から韓国でも放映されることを前提に、無国籍な設定で制作されています。一方では最近、日本の作品を『日本で出版されたまま、放映されたまま観たい』という勢力が大きくなっています。中高生以上を対象とした作品では、マンガでもアニメでも日本の設定そのままの翻訳が定着し、とくに日本アニメを楽しむケーブルテレビでは、時間帯によっては韓国語字幕のみで放送されるものも少なくありません」(山元准教授)

 “現地化”は、海外でアニメ放映する際の一般的な手法だが、今回のデザイン変更騒動のように認識の差が生じた際にどの程度配慮が必要か、線引きは難しい。しかし、作品舞台の背景や、話の文脈から変更の是非を判断することも重要ではないだろうか。

「韓国では一時の動きによって、すっかり『旭日旗』がかつて『大東亜共栄圏』を掲げてアジア進出をはかった大日本帝国の象徴とされてしまいました。しかし『鬼滅の刃』の舞台となった大正時代初期の日本の人々が『旭日』をそう認識していたとは考えにくい。あくまで『海軍』の象徴でしょうし、作中で言及されるように『大正に改元したことを知らない人々もいる』状況。作者はもちろん、当時の人々にとっては『旭日』は、『花札』にも取り入れられている一つのデザインであり『アジア侵略(進出)』と重ねて見ていたと考えるのは難しい」(山元准教授)

 とはいえ、それを見て嫌な気持ちになる韓国人がいるなら「世界発信の前に配慮すべきだったのか?」。山元准教授は、否と考える。もしそうしていたら、今度は「なぜ改変した」と騒ぐ層が出てくるはずというのがその理由だ。

「今回の騒ぎには、日本で放映されたまま『放映したかった』『観たかった』層と、近年残念な方向にある日韓関係、その狭間でのジレンマを感じます」(山元准教授)

 「日本版のまま観たい」層が増加している事実からも、むやみな変更は作品のファン(=顧客)のニーズと乖離するリスクも生じさせる。また必要以上の配慮は作品内に込められたメッセージを汲み取りづらくする恐れもある。一概にデザインを変更するのではなく、作品の良さを損なわないことへの配慮も大切。今後も日本のコンテンツを世界に届け、多くの人が楽しむためには、より深い議論が必要だろう。


(文=衣輪晋一)

『鬼滅の刃』


(出典 news.nicovideo.jp)

そこまでして
変更する必要はないと思います。

日本生まれの
アニメなのに
韓国版だなんて・・

<このニュースへのネットの反応>

【『鬼滅の刃』デザイン変更は適切だったのか? “現地化”の課題】の続きを読む


 アニメ映画100日間生きたワニ』の公開を前に、「100ワニ紙芝居」企画がスタート主人公ワニ役の神木隆之介が声をあてた紙芝居動画が公式SNSにて解禁された。

【写真】アニメ映画『100日間生きたワニ』ポスタービジュアル

 昨年、社会現象を巻き起こしたきくちゆうき4コマ漫画100日後に死ぬワニ』をアニメ化する本作は、100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿を描く。監督・脚本は、『カメラを止めるな!』の上田慎一郎と、アニメーション監督としても活躍するふくだみゆきの夫妻。主人公ワニの声を神木が担当するほか、ワニの親友のネズミ役を中村倫也モグラ役を木村昴、ワニが恋するセンパイ役を新木優子、ワニの両親役を池谷のぶえ、杉田智和が演じる。先日、映画オリジナルカエル役で山田裕貴の出演も決まった。主題歌いきものがかりが手掛ける「TSUZUKU」。

 桜が満開の3月、みんなで約束したお花見の場にワニの姿はない。親友のネズミが心配してバイクで迎えに行く途中、満開の桜を撮影した写真を仲間たちに送るが、それを受け取ったワニのスマホは、画面が割れた状態で道に転がっていた。

 お花見から100日後。桜の木には緑が茂り、あの時舞い落ちていた花びらは雨に変わっていた。仲間たちはそれぞれワニとの思い出と向き合えず、お互いに連絡を取ることも減っていた。変わってしまった日常、続いていく毎日。これは、誰にでも起こり得る物語。

 「100ワニ紙芝居」企画は、公式SNSで実施中の、公開まで映画がより楽しみになる企画を毎日発信するという、映画“100ワニ”【100日企画】のひとつ。原作『100日後に死ぬワニ』の4コマ漫画に映画のキャストが声をあてたデジタル紙芝居形式で、今回投稿された動画は原作漫画の4日目。映画でワニの声を担当する神木が声をあてている。

 紙芝居企画は今後も公式SNSで数回にわたりアップされ、中村演じるネズミや木村演じるモグラも登場する予定だ。

 アニメ映画100日間生きたワニ』は、5月28日より全国公開。

映画『100日間生きたワニ』100日企画「100ワニ紙芝居」ビジュアル (C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

『100日間生きたワニ』は
まだ読んでいないのですが、
見ていてほのぼのできれば、
楽しみです☺️

<このニュースへのネットの反応>

【【SNS】「100ワニ紙芝居」スタート 神木隆之介・新木優子ら漫画でも声優に】の続きを読む


職場で「仕事が出来ない人の特徴――。

現役Webディレクターのタケ(@takelogtake)さんが、フリー素材サイト「いらすとや」の画像を使って、その特徴を4つにまとめた。ツイッターでは、その投稿に「すごくありがち」「1から4全部当てはまる」といった声が寄せられている。

さっそく、その投稿をご覧いただこう。

「依頼された内容通りにしか動けない」と...
仕事ができない人の特徴(1)(画像は、タケ(@takelogtake)さんから。以下同)
仕事ができない人の特徴(1)(画像は、タケ(@takelogtake)さんから。以下同)

1つ目の仕事ができない人の特徴は、「違和感に気づけない」。副題には「依頼された内容通りにしか動けない」とある。

20代男性で、Webディレクターだという投稿者。昔は、自身がまとめた内容のように「仕事ができなかった」という。Jタウンネット記者が投稿者のタケさんに、2021年3月30日、投稿の詳細をきいた。

まず、1つ目の特徴については、

「実際にWeb業界においてお客様からいただく依頼は正確じゃないことの方が多いので違和感に気づけない人は仕事が出来ない印象がありました」

とのこと。イラストにあるように、仕事相手が「1+1=3」という誤った情報を送ってきたときに、違和に気づくことのできるチカラが必要ということだろう。

当たり前のことのように聞こえるが、ボーっと仕事をしていると、起こりがちなアクシデントかもしれない。(自戒も込めて)。

続いては、こちら。

仕事ができない人の特徴(2)
仕事ができない人の特徴(2)

2つ目の特徴は、「文章を書くのが苦手」。タケさんは、自身の仕事に関連付けて

「ディレクション業務は色々な人とコミュニケーションをとることが多いので少しのミスが全体の進行を滞らせる危険性を孕んでいるのでまとめてみました」

と説明する。

イラストには、「鬼がいっぱい出てきてな...」から始まる少し長い文章が。

キーワードから「鬼滅の刃」のことだとはわかるが、順番がめちゃくちゃで、これでは何が言いたいのか伝わりそうにない。

友人とのやり取りならまだしも、業務では伝えたいことは、具体的かつ簡潔に。

「新人によくあるのですが...」

3つめの特徴は、「ミスを隠す癖がある」。

仕事ができない人の特徴(3)
仕事ができない人の特徴(3)

おそらく何かを間違えてしまった書類を、「もう怒られたくない」とシュレッダーにかけている。

「怒られすぎるとミスは隠したくなるものかなと思い抜粋しました」

と、タケさん。小さな嘘が、後々大きくなる場合もある。ミスは誰にでもあるのだから、なるはやで報告するのがベスト。そのほうが、怒られないはずだ。

4つ目は、こちらだ。

仕事ができない人の特徴(4)
仕事ができない人の特徴(4)

「人のマネが出来ない」とは、いったい。

やる気に満ちた男性が「最強の資料を作ってやるぜ!」と意気込んでいるが、なぜ「仕事ができない人の特徴」に当てはまるのだろう。

タケさんは、「新人によくあるのですが」と前置きした上で、

「『人のマネをすることが手抜きになる』という発想を持ってしまいがちで、結局かけた時間のわりにクオリティが低いことってよくあるかなと思って抜粋しました」

と説明。

知識や技術を身に着ける「まなぶ」と真似をする「まねぶ」は語源が同じ。まずは先輩の真似をしながら、効率よく、クオリティの高い仕事の仕方を身につけていくのがいいだろう。

以上4つのいずれかに当てはまる社員さんは、みなさんの職場にいるだろうか。あるいは、自分だったなんてことも...?

タケさんがまとめた4選には、共感の声が多数寄せられている。なかには、

「あ。あの人だ」
「うちの新人、ふたりともまさにこれ。矯正しようにもどこから手を付けたらいいのか全く分からん」
「ほんとに『1』なんでわからんのやろ?自分で気づいてもらうためには、どうしたらいい??」
「うちの新人全部当てはまる。こっちが嫌になって私が転職します」

現在進行形で「問題」に直面している人の悩みも。また、

「僕だー! ぐわー!」
「お、お、お、お、お、おお、おれだ......ぜんぶオラだぁ......」
「結構自分にあてはまってグサっとくる...」
「耳が痛い」

と自責の念に駆られる人も。

とかく不満が噴出しがちな、職場の悩み。お互いストレスフリーで働きたいものである。

あなたの「職場トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「職場トラブル」体験談を募集しています。

読者投稿フォームもしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージメールtoko@j-town.net)から、具体的なエピソード500文字~)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

仕事ができない人の特徴(1)(画像は、タケ(@takelogtake)さんから。以下同)


(出典 news.nicovideo.jp)

全てにおいて『新入社員の時』に
ありそうですが、
職場に慣れれば、
問題ないのでは??

<このニュースへのネットの反応>

【『現役会社員』が感じた「仕事ができない人」の4つの特徴】の続きを読む


(C)Cookie Studio / Shutterstock 

リリースから初週で130万本を越えるセールスを記録した『モンスターハンターライズ』。相変わらず大人気だが、ここにきて改めてゲーム性が問題視されている。

【関連】『モンハン』が残酷すぎて批判! 有吉弘行らがプレイも「胸クソ悪い」 ほか

コトの発端は、3月28日放送の『有吉ぃぃeeeee!~そうだ!今からお前んチでゲームしない?』(テレビ東京系)で、有吉弘行らが同ゲームプレイしたこと。ゲームでは、プレイヤー4人でモンスターを囲んで長時間剣で斬ったり・ハンマーで殴る場面があり、モンスターが倒れて悶えている間も攻撃を続けていた。

この様子に、有吉は「もうやめよう!」と冗談交じりに絶叫してモンスターに同情する。しかし、その後もモンスターを攻撃する場面が続き、傷ついて逃げていくモンスターを4人で追いかけてタコ殴り。この光景に『タカアンドトシ』タカが「ちょっと…待って、ここまでやるか? どうする? ちょっとかわいそうになってきた」と漏らし、有吉も「確かに俺もそう思うんだよ」と同調。するとトシから「これ別にそういう愛護の精神いらないんですよ」とツッコミを受けていた。

有吉とタカは、ゲームに対して大真面目にコメントする〝ボケ〟のつもりで言ったろうが、一部視聴者の反応は深刻だった。モンスターリンチする光景にドン引きする声が相次いだのだ。

この様子がネット上で話題になると、

マリオだってクリボーを踏みつけている》
《しょせんただのデータ
ドラクエとかも全部、モンスターを倒してるじゃん》
《こんなことを批判することがおかしい》

と、ゲームを擁護する声も多くあがった。しかし果たして、その意見は正しいのだろうか。

『モンハン』動物虐待で喜ぶのは日本人だけ!? ゲーム性が再び問題視…

世界からも批判された「モンハン」

「まず、モンハンマリオドラクエは全く比較できません。デフォルメされたモンスターを相手にしているファンタジー世界のマリオなどに対して、モンハンリアルな生物との対決。モンハンキャラは切られたら血しぶきをあげますし、痛がる素振りもみせます。さらに、傷つくと足を引きずって逃げていくなど、リアルに作られています。グラフィックの向上やゲームの進歩によって、モンスターはよりリアルになり、実際の生物と戦っている感じが強くなっているのです」(週刊誌記者)

モンハン2018年に、世界的な経済誌『フォーブス』から名指して批判されており、自然に住む動物を狩猟していくゲーム性が問題視された。

モンハンは日本では爆発的なセールスを記録しているにも関わらず、海外での売り上げはイマイチ日本人だけが動物をリンチして喜んでいるようなデータですね。また過去には、『博多華丸・大吉』の華丸も、モンハンに対して『無意味な殺生はどうかということですよ。ゲームですけど』と、自身が同作をプレイしない理由を明かしています」(同・記者)

実際、今回の騒動を受けて、ネット掲示板などでは

《私は30代なかばで、誘われて今モンハンライズで初めてプレイしてるけど、正直あまりモンスター狩るのはノリノリになれない》
《私は買うのやめた。リアルだから残酷感あるんだよね。みんなでボコる感じだし、楽しんでる人責める気はまったくないけど自分は無理》
《何も悪い事せず自分の陣地で生活してるモンスターを狩るのが可哀想になってやってない》
モンハンあまり知らなくて旦那と『有吉ぃぃ』観てたけど、倒し方の専門用語とかやり方とか残酷過ぎてチャンネル回した。意外にトシが冷淡な発言多くて嫌いになった》

といった声が改めてあがっている。

ゲームだから…と済ませる時代は、もう終わりに近づいているのかもしれない。

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock



(出典 news.nicovideo.jp)

今のゲームは
本当によく出来ている分、
感情が入ってしまうんですよね。

『追いかけて叩いてやっつけて』という
行動自体、攻撃性であることは確かで・・。

ゲームとはいえ『リアル』に
感じる人がいて、嫌悪感を抱くのは
自然な流れかとも思います。

<このニュースへのネットの反応>

【モンハン【動物虐待】に『リアルすぎて残酷感が・・』ゲームでも『無意味な殺生』をどう捉えるか】の続きを読む

このページのトップヘ