子供


東京都立の有名進学校に通っていた元生徒(17)が、設置者の東京都を相手に裁判を起こした。発端となったのは、校内で財布を一つ持ち去ったことだ。訴状では「違法な自主退学勧告を受けるとともに、自主欠席を強要され(中略)学習権を侵害された」としている。4月20日の第1回口頭弁論を前に、30万円の損害賠償を求めるに至った経緯や提訴への思いを聞いた。(ジャーナリスト・富岡悠希)

「東大合格者二桁」有名進学校に通っていた

元生徒の島田光一君(仮名)が通っていたのは、東京都立の有名進学校だ。現役、既卒合わせて東大の合格者を二桁に乗せている。卒業生には各界で活躍する著名人も多い。

島田君は「自由な校風」にあこがれて、2019年4月に入学。1年時はクラス担任の男性教諭との相性も良く、しっかりコミュニケーションが取れていた。彼が担当していた生物のほか、数学の授業もわかりやすかったという。

また、運動部系の部活に所属。上下関係もさほど厳しくなく、中学のときにはかなわなかった試合への出場も果たせた。部活仲間を中心に、気の許せる友人も複数できた。

しかし、ある出来事をきっかけに、すべての歯車が狂ってしまった。

財布を持ち帰ってしまった

訴状や島田君、40代の母親が説明する、一連の出来事は以下のようだ。

昨年8月下旬の夏休み明け、島田君は校内を掃除していた。そのとき、1つの財布を見つけた。

持ち主に渡してあげるべきところだが、持ち去ってしまった。この月、ふざけて机の引き出しに隠していた友人の財布も、ほかの荷物と一緒に持ち帰ってしまった。

整理ができていない自宅の机の引き出しに2つの財布を入れたが、ほどなく、その存在を忘れた。

「なぜ、こんな悪いことをしてしまったのか・・・・。明確な理由はわかりません。財布の持ち主には申し訳ない気持ちでいっぱいです」

島田君は筆者にこう語り、肩を落とした。

母親が財布に気づいた

事態は9月に動いた。

9月6日、部屋の掃除をしていた母親が、2つの財布に気づいた。島田君から話を聞いた後、母親は翌7日にクラス担任に電話した。

担任は「学校が介在すると大ごとになるから、自分たちで解決したほうがいい」と助言した。それに対して、母親は「持ち主の連絡先がわからないこともあり、介入してほしい」と返事をした。

その後、島田くんが校内で見つけて持ち帰った財布は、学校に遺失物届が出ていたことが判明し、学校が全面的に関与することになった。逆に、机の引き出しに隠していて持ち帰った財布は届け出がなかったことから、不問にされた。

9月9日から複数回、島田君は生徒指導部の教師らから聞き取り調査を受けた。また、この日から授業に出られなくなった。

事情聴取の最中、教師たちは「やり直せる」「再スタートしよう」と励ましの声をくれた。そのため島田君は「処分は受けるがしっかり反省して、高校に通い続けよう」と考えていた。

校長から「学校に置いておけない」と言い渡された

しかし、学校トップの校長は違っていた。

島田君の父母は9月14日、校長室に呼ばれて、校長から「これは万引きと違い学校の信頼を損なう行為」「学校には置いておけない」「再チャレンジしてほしい」と言い渡された。

9月29日、母親は学年主任と面会し、「処分内容」を問うた。答えは「退学勧奨です」。「拒否したら退学処分ですか」と再度確認すると、「その方向です」と返事があった。

同時に、学校が登校を許していない状態にもかかわらず、島田君が「自主欠席扱い」になっていると説明を受けた。

この間、教師たちは明確な理由を明かさないまま、単に自主退学を求め続けた。島田君側は「自主欠席」「自主退学」を強要されることに納得できなかった。

登校を拒否される状況が、1カ月近く続いた。そのため10月7日、「選択肢がないなら自主とは言えないので、退学処分にしてほしい」と自主退学を正式に拒否した。

すると10月10日夜、担任が「教育委員会に相談する」などと電話してきた。それを受け母親は、学校とのやり取りを時系列でまとめた資料を東京都教育庁に送った。

自主退学勧告は撤回されたが・・・

すると10月19日、副校長が島田君を学校に戻す方針を電話で伝えてきた。さらに10月21日、母親と面談した校長は、自主退学勧告を撤回する理由を次のように説明した。

「教育委員会から『戻すように』というような指示が出ましたので、総合的に判断して戻るという結論に至りました」

島田君は11月3日に復学したが、2カ月近く学校を休んでいた影響は大きかった。

欠席期間には授業や中間試験を受けさせてもらえなかった。「(成績をつける)評定には影響させない」と言われたが、授業が進んでいて、ついていけない。また、腫れ物に触るような態度を取る教師に接するのもストレスになった。

適応障害を発症することになり、結局11月30日付で他校に転校した。

自主退学勧告は妥当だったのか

訴状では、1992年に東京高裁が出した判決から、以下の文言を引用している。

「自主退学勧告についての学校当局の判断が社会通念上不合理であり、裁量権の範囲を超えていると認められる場合にはその勧告は違法」と指摘している箇所だ。

この指摘を踏まえ、島田君の行為と自主退学勧告の妥当性を照らし合わせている。

学校側が問題としたのは、届け出があった財布1つ。島田君はその持ち主に謝り、さらに島田君の母親が財布の持ち主の父親に連絡して謝罪している。

島田君はこの財布の件以外に「問題行動と評価されうる行動をとったことはない」と訴えている。

こうした事情を踏まえて、学校側の自主退学勧告は「社会通念上不合理であり、裁量権の範囲を超えている」。そのため「違法性を有する」と主張している。

「なぞが多いので裁判で明らかになってほしい」

島田君は問題行為発覚後、同じことを繰り返さないように精神科への通院やカウンセリングを続けている。提訴について、以下のように話す。

「自主退学勧告や自主欠席扱いとなった理由を直接、先生から聞きたかった。事情聴取の際には通学を続けながら『やり直せる』と言われたが、その後、親だけが呼ばれ退学を迫られた」

「2カ月にわたって応じなかったらまたひっくり返った。なぞが多いので裁判で明らかになってほしい」

学校とのやり取りで前面に立ってきた母親は、次のように考えている。

「学校側には複数回、『教育委員会に言うつもりか』とも確認され、水面下で排除したいとの意図を感じた。学校と教育委員が真逆の判断をしており、自主退学勧告の基準や正当な手続きについて裁判で問いたい」

原告代理人は次のようにコメントしている。

「法的には退学処分が不適切であるのに生徒と保護者に事実と異なる説明をし、自主退学を迫る学校のやり方は不適切で違法である可能性がある。本件は氷山の一角で、水面下で沢山の生徒が苦しんでいるのかもしれない」

東京都弁護士ドットコムニュースの取材に「回答できない」とした。

自主退学をめぐる裁判はほかにもある

自主退学をめぐる裁判は散見される。

昨年12月には鳥取地裁米子支部で和解が成立している。報じた読売新聞によると、万引きを理由に県立高校を自主退学させられたことを不当と訴えた男性と両親に県が和解金80万円を支払うことになった。

また、当時の校長が「まずは、教育的指導をおこなうべきところを判断を謝った」と文書を読み上げて謝罪したという。

「財布1つ持ち去りで自主退学勧告は不当」 有名進学高校の元生徒が都を提訴


(出典 news.nicovideo.jp)

財布を盗むのは『犯罪』であって、
高校生といえば善悪の判断は
とうにできる年齢です。

学校側も『自主退学』で
事を荒立てたくなかったのでは?

その生徒の今後の
事もありますし・・


<このニュースへのネットの反応>

【財布を取った行為に『自主退学勧告』は不当  高校元生徒が都を提訴】の続きを読む


“ユキを愛でる会”グループチャットで行われた女子高生陰湿いじめの実態 から続く

 浮気調査や人探しといった本業のかたわら、子供たちの「いじめ調査」を続けているT.I.U.総合探偵社代表の阿部泰尚氏。年間約500件もの相談を受けて、いじめ事件の解決に奔走するうちに、いつしか「いじめ探偵」と呼ばれるようになった。これまでに阿部氏が手がけた事件の中から、とくに印象的だった事例について話を聞いた(プライバシーの観点から仮名にして一部フィクションを交えています)。

 阿部氏が原案・シナリオ協力をつとめる漫画『いじめ探偵』(漫画・榎屋克優)が現在、WEB漫画サイト「やわらかスピリッツ」にて連載中。

【マンガ】『いじめ探偵』第1話を読む

◆ ◆ ◆

腹を蹴る、給食にゴミを入れる

 阿部氏がいじめ相談を受け始めたばかりの、2010年ごろの話だ。関東エリアに住む小学生の息子ケイタ(10歳・仮名)の母親から、事務所に電話が入った。最初の電話は被害者の母親からかかってくることが多いが、「なんだか最近元気がない」、「いじめられているようで心配だ」という漠然としたものがほとんど。この時もそうだった。

「どこで何をされているか、まずは本人にしっかりと聞き取ってもらえますか?」

 数日後、母親から折り返しの連絡があった。外傷が残らないように腹などを何度も殴る、給食に髪の毛やゴミを入れられるといった、具体的な状況が見えてきた。数日後、自宅で母親同席のもと、ケイタ本人から聞き取りを行うことにした。

 いじめられていたケイタは、純朴な雰囲気のごく普通な子供だった。最初は落ち着かない様子だったが、阿部氏が名刺を手渡すと、かしこまった様子で目を合わせた。

「本人がちゃんと話をしてくれないと、その後の対策もうまくいきません。相手が子供だと名刺を渡さない人もいますが、一人の人間として僕は君を認めているよ、という意味も込めて私は子供に対しても渡すようにしています」

事なかれ主義の教師たち

 いじめられた記憶を掘り起こす過程では、時系列が前後してしまうことが珍しくない。カレンダーテレビの番組表などを見ながら、大きめの付箋に一つ一つの出来事を記入し、起きた順序通りに並び替えていく。

 いきなり殴られたなど不自然な話があれば、その前には何かがあっただろうと問いを投げかけ、点と点をつなげていく。遠足や運動会などの写真を見せてもらい、加害者の顔と名前を特定する。5人の加害者のうち、主犯格は身体が大きくスポーツ万能で、女子からも人気のあるタイプだった。

 内ももに何度も蹴りを入れられたり、トイレで陰部に落書きをされるなどのいじめも判明した。だが、多くの被害者はいじめられていることへの恥ずかしさからか、被害レベルを半分程度に過少報告する傾向があるという。

「証拠を残すために、小型の録音機を貸しました。相手の名前を呼びかけたり、何をされているか分かるように、何回か実演指導もします」

 十分にケイタへのいじめの証拠が集まったところで、阿部氏は報告書を作成。母親に付き添って学校に提出した。だが、学校側は仕事を増やしたくないためか、まともに取り合わないことが多い。その時も中年女性の校長は、こう言った。

「元気がないのは、家庭環境が原因かもしれない。そもそも、子供同士でいざこざが起きることはありますよ。社会に出てからも人間関係がうまくいかないことはいくらでもあるので、ちゃんと乗り越えないと」

 問題に向き合おうとせず、トンチンカンなことを言ってくる教師は少なくない。そこで阿部氏はあえて思いっきり大きな声を出して、ケイタのいじめの証拠となる報告書を読み上げた。腹から声を出して読み続けていると、だんだん喉がキツくなってきたが、異様な雰囲気によって明らかに教師たちの表情が変わった。

 動揺し、お茶を飲む手が震える者もいた。非常識に思えるかもしれないが、こうした手段を取らないと、教師たちは動かないのだ。

奇策を打ってトドメを刺す

 後日、加害者たちに指導が行われたが、まったく反省していない様子だった。主犯格の親は「うちの子いじめの濡れ衣を着せられた。こっちのほうがいじめられている」と逆ギレし、周囲にそう吹聴していた。

 それでも、形ばかりの「謝罪の会」が開かれることになり、昼休みの時間を使い、被害者であるケイタ、加害者の双方の親と子供が集められた。しかし、加害親子には反省の色は見えず、彼らはこう言った。

いじめられたって言っている子にも悪いところがあったから、これはお互いさまだね”

いじめたつもりは全然ないけど、いじめって思わせちゃったみたいでゴメンね”

 こうなることを予想していた阿部氏は、事前に策を講じていた。「謝罪の会」が開かれるのは視聴覚室の隣だったので、放送機器をうまく操作すれば、会の様子を全校中に流すことができると考えたのだ。

 いじめの実態を知るためにケイタの数人の友人からも聞き取りをしていた阿部氏。視聴覚室で一緒に「謝罪の会」の様子を聞いていたその友人たちにこう言った。

「これ、マイク置いておいたら放送できちゃうんじゃないの?」

 まったく悪びれない加害者の様子に怒りを感じていたケイタの友人も乗り気になった。急いで「謝罪の会」の教室に、放送室からコードを延ばしてマイクを設置。放送のスイッチをオンにすると、放送室に鍵をかけて別の教室へと移動した。

加害者親子の本音が校内に露呈した意味は大きかった

うちの子だけが一方的に悪いとは思っていませんよ!”

“ケイタって、どこかいじめたくなる気持ちにさせるんです”

 まったく謝罪する気などなく、自分の行為を正当化するばかりの加害者親子の声が筒抜けになってスピーカーから流れ始めると、学校全体がざわついてパニック状態になった。

「出てきなさい! ドアを開けなさい!」

 教師は声を張り上げてドンドンと放送室のドアを叩いたが、なかには誰もいない。十円玉で開けられる簡易式の鍵だったので、間もなくドアは開けられてスイッチが切られた。だが、ほんのわずかな時間でも、加害者親子の本音が校内に露呈した意味は大きかった。

 主犯格の生徒はその後、転校。いじめは完全に終結したというが、阿部氏はこのケースをこう振り返る。

「今思うと、全校放送はやり過ぎだったかもしれません……。ただ、そうでもしなければ加害者親子が自分たちがやったことの酷さを理解できなかったのは、残念ながら紛れもない事実です。とはいえ、私もさまざまな事例を経験してきて、もっと違うやり方で加害者に反省させる方法が今ならあると思っています」

(取材・構成:西谷格)

【マンガ】『いじめ探偵』第1話を読む

(阿部 泰尚)

©iStock.com


(出典 news.nicovideo.jp)

いじめはエスカレートする上に
集団で『楽しむ』様になる。
子供だから「いじめ」で
済まされない事件は
多いですよね。

学校側は
面倒な事になりたくないから
取り合わないなんて、
何の為の教師なのかと
思う事があります。

<このニュースへのネットの反応>

【【小学生いじめ】加害者の“逆ギレ謝罪”を全校放送した顛末】の続きを読む


 「少年犯罪」と一口に言っても、年齢や動機などは実に様々である。なかには犯人が無垢であったがゆえに「悪意」の全くない犯罪も存在する。

 1965年某月某日、宮城県のある神社で奇妙な事件が発生した。この神社周辺には毎朝多くのハトがやってきて、参拝客を楽しませていた。だが、ある日の朝、境内で数羽のハトが横たわって死んでいるのが見つかった。

 通常、ハトは体が弱ってくると巣や木の穴など隠れられる場所で死んでいくため、境内で死ぬのは珍しい。それどころか神社の周りでは多くのハトが弱って飛べなくなり道端に落ちていたのだ。

 「これはいったい何事だ?」
 
 神主は弱っているハトを1羽、社務所へ持っていくとハトは口からはヨダレを流し、目は真っ赤に充血していた。生き残っているハトも同じような症状であった。

 「あっ!これは毒の仕業だ!一体だれがこんなかわいそうなことを……」

 神主や神社の関係者はハトが飲まされた毒を消そうと塩水などを飲ませたが効果はなく、その日の晩までに数十羽が死んでしまった。

 翌日、神社へやってきた神主はさらに驚きの光景を見た。なんと、今度は100羽近いハトが神社の周りで死んでいたのだ。

 神主はすぐに警察に連絡。しばらくして2人の中学生が捕まった。この中学生は数日前から農薬の入ったえさを神社の境内にバラまいており、大量のハトを殺した罪に問われた。

 ​>>受験ノイローゼで母親を殺害し火を付けた高校生【衝撃の未成年犯罪事件簿】<<​​​

 だが、捕まった中学生は驚くべき証言をした。「えさをまいたのは事実だが、農薬が入っていたとは知らなかった」「えさをくれたのは知り合いの小学生だった」と付け加えたのだ。

 警察は、中学生の証言を信じることにし、えさを渡した小学生2人を補導。2人は衝撃の動機を口にした。

 彼らが農薬入りのえさをバラまいたのは、自分たちが飼っているハトを探すためだったというのだ。

 この小学生2人は自宅でハトを飼っていたが、神社へ連れて行った際に逃がしてしまい、自分たちのハトがどれだか分からなくなってしまった。

 2人はハトを1羽ずつ捕まえて確認しようとしたが、ハトの動きは素早くて捕まえることができず。そこで近所の知り合いの中学生にも声をかけ、毒入りのえさを口にさせ弱っているところを捕まえようとしたのだ。

 だが、農薬入りのえさは彼らの思っている以上に効果が出てしまい、怖くなり本当のことを言えなくなってしまったのだ。

 なんとも、人騒がせな少年による怪事件であった。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

弱らせて捕獲し、
自分の鳩を見つけるなんて

ゲームの世界では
ないのだから・・


<このニュースへのネットの反応>

【【驚くべき動機】100匹以上のハトが神社で大量死!しかも犯人は小学生!?】の続きを読む


 三重県鈴鹿市で、9歳の甥に覆いかぶさり死なせたとして、32歳塗装工の男が逮捕された。

 男は今年2月深夜、酒を飲んで帰宅すると、子ども部屋で寝ていた小学校3年生の男児に上に覆いかぶさり、そのまま寝た。男は身長180センチ、体重は80キロ近い巨体で、男児は胸などを圧迫され、低酸素脳症に陥ってしまう。

 1時間後、男児の母親がその様子に気がつき、押し退けて様子を見たところ、意識不明状態に陥っており、救急搬送されたが、病院で死亡した。

 警察は男を重過失致死傷容疑で逮捕。取り調べに対し、「間違いありませんが、酔って詳しいことは覚えていない」と供述している。2人は家族と親族の11人で暮らしていたという。

 ​>>25歳女、娘に熱したヘアアイロンを当て全治2週間の火傷を負わせる 「異常過ぎる」と怒りの声<<​​​

 異常すぎる事件に、「こんなことあるのかと驚く。酷い」「苦しみと薄れゆく意識の中で、もがき苦しんだ子どもの気持ちを考えると許せない」「酒に酔っていてわからなかったじゃないだろ。ふざけるな」「両親はたまらないと思う。いずれにしても縁を切った方がいい」「社会的秩序が欠除している。全てが異常だ」と怒りの声が上がる。

 また、「ピンポイント子どもの上に乗るものだろうか。普段から虐待していたのではないか」「そもそも新型コロナウイルスが蔓延する中で、11人も家族がいる人間が酒を飲みに行くのが許せない。しかも飲まれて自ら家族を殺すなんて」「供述を見ても子どもの命を軽く見ているとしか思えない。殺人でもいい」などの指摘も出た。

 甥を圧殺しておきながら、「詳しいことは覚えていない」と言ってのけた男。著しく倫理観を欠いた人間に殺された男児が不憫でならない。

画像はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

良い大人が
『酒に飲まれていて分からない』
で済まされる問題ではない。

なぜ子供の上に
寝る必要があったのか。

その子もご家族も
本当に可哀想でならない。

<このニュースへのネットの反応>

【【悲劇】32歳男、9歳甥に覆いかぶさり死なせる『子供の命を甘く見ている』】の続きを読む

このページのトップヘ