代替テキスト

4月1日、「70歳就業法」とも呼ばれる「改正高年齢者雇用安定法」が施行された。高齢者の働き方は変わるのだろうか。「改正高年齢者雇用安定法」について、経済ジャーナリストの荻原博子さんが解説してくれたーー。

■なぜ高齢者を働かせたいのか

これまで、会社員の方は希望すれば全員65歳まで働くことができました。企業には(1)定年を65歳に引き上げ、(2)定年制の廃止、(3)65歳まで継続雇用のどれかを、制度整備する義務がありました。

4月1日以降はこれに加え、70歳まで就業できる制度の整備が「努力義務」となりました。企業は(1)定年を70歳に引き上げ、(2)定年制の廃止、(3)70歳まで継続雇用、(4)70歳まで業務委託、(5)70歳まで社会貢献活動での就業、どれかの制度を導入するよう努めることが義務付けられたのです。

ただ、この法律には問題があります。“70歳まで働く”ことにだけ注目し、収入などに言及されていない点です。これまでも60歳以降は収入が大幅に減る方が多いのですが、70歳就業法にある業務委託や社会貢献活動での就業で、どれほどの収入になるかは不明。いくら働けても収入が少ないと暮らしていけないことを、国は考えているのでしょうか。

また、こうした問題を、しっかり議論しなかったことも大問題です。この法律が成立したのは’20年3月。新型コロナの感染拡大が本格化し、とても怖くて、報道番組もコロナ一色だったころです。コロナショックのどさくさに紛れて、法律の不備を追求されるのを避けるため、早期成立させたのではと、疑いたくなります。

65歳までの雇用義務の際も、’90年に努力義務と法律に明記されてから、実際に希望者全員が働けるようになったのは’12年。実に20年以上かけて法律を固めています。どんな形であれ70歳就業の文言を法律に盛り込めば、あとは時間をかけて法整備はできると踏んでいるのでしょう。

ではなぜ、そこまでして高齢者を働かせたいのでしょう。背景にあるのは「年金問題」です。

以前、65歳まで働ける環境づくりを進めたのも、年金の支給開始を60歳から65歳へ引き上げようとすることが発端でした。年金は65歳からしかもらえないのに、定年が60歳だと60〜65歳の間は収入ゼロでどうやって暮らすのか。そうした反発を避けるためだったのです。

とすると、70歳まで働ける環境づくりは、年金の70歳支給開始を見据えた布石だといえるでしょう。年金を65歳より遅く受け取る「繰り下げ」も、現在は70歳が最長ですが、’22年4月からは75歳まで選べるように拡大することが決まっています。国は着々と、年金の70歳支給開始に向かって手を尽くしているのです。

70歳就業法はまだ努力義務の段階で、いますぐ何かが変わるわけではありません。ですが、国は年金制度変革の初めの大きな一歩を、確かに踏み出しました。今後の行方を注視したいと思います。

「女性自身」2021年4月20日号 掲載



(出典 news.nicovideo.jp)

団塊世代までは年金も
もらえてるのでしょうが、
これからは不安でしかない
ですからね・・

70歳、80歳、果ては90歳すぎても
働く世界になってそう。

<このニュースへのネットの反応>

年金って「逃げ水」に似てると思う、近づけば近づく程遠ざかる。


平均寿命が半世紀で10歳以上伸びて既に80歳半ば、2060年には90歳を越えると言われており、3600万人もの高齢者が年金を受給し、GPIFの枯渇すら懸念される状況で、現役世代が20~30年後に65歳で年金生活に入ったとして、生活を維持することなどもはや不可能ですよ。"年金だけで暮らせる"なんてサヨクが撒き散らす妄想に騙されるのは、もう辞めるべきだと思う


若い世代の適切な育成を放棄しながら、人手不足、力不足だと言って隠居する老人の首根っこを掴んで「まだ働け」。あまつさえ、その給料は減らすと来た。世も末だね。


じゃあ現役世代が老後同じ水準で年金を貰えるか?というと絶対にムリです。5年毎に調査が行われている「将来の公的年金の財政見通し(財政検証)」という厚労省の資料を見ると、少子化改善や労働参加が進んだ前提でも2040年代に所得代替率50%、ワーストシナリオではGPIFが枯渇して35%台(要は今の半分)まで悪化する見込みになっています。


そもそも日本の年金支給水準は異常なんですよ。欧米では所得代替率30~40%程度のところ日本は62%と高水準で、これを30年間で1400万人から3600万人と2.6倍も増えた高齢者に支払っているんです。当然、賦課方式でこれを支えている現役世代は重い負担を背負わされており、会社員は労使折半で年収3割近い社会保険料を仕払されています。


有能な人が残ってくれるならいいけどね・・・


年金受給を遅らせるもそうだけど、国会議員の定年延長の意味もあるんでない?


消費税やコンビニ袋もうそうなんだけどさ、こういうのって「誰が最初に言い出したの?」。あとから「なになぜ?」って出てきたら答えて、Wikiとかにまとめてくれよ。言い出した人の考えを聞きたいよ。あと結局、記事の「収入いくらなのか」って最低賃金は貰えるでしょ。そのための法律なんだから。それと70まで働きゃいけないのは今70以上の人間が多くい上に年金クソ高いから。


では現状、良いシナリオで改善が進んでいるでしょうか?これを読んでいる人は皆わかるでしょうが、コロナ禍で少子化が猛烈に進み、労働環境が悪化しているのでワースト一直線です。更に過剰自粛で健康不良になった高齢者が医療に掛かって社会保障を一段と圧迫させるため、現役世代の負担が増えることはまず間違いなく、およそ最悪な状況で老後を迎える道が整いつつあります。


働かせないとまずいからだよ。このままいけば、(あるいは出生率が爆上がりしない限り)年金どころかインフラ維持すらできない。そのシナリオを遅らせる(解決手段ではない)悪あがきだよ。今コロナで医療崩壊とか騒いでるが50年後は毎日、全ての業種がそんな感じ。少子化なんて10年以上前から叫ばれてたが、解決するどころか悪化し続けてるからやむを得ない


100歳まで生きてりゃ半分現人神扱いされた時代と普通にそこらへんに転がってる時代で同じシステムを適用するほうがどうかしている。


まぁ当時の平均寿命と戦争で*ことを前提に組まれたネズミ講だからな。


どうあっても若者に高い給料を払いたくないという大企業様の強い意志を感じる。


福祉を減らしたいなら賃金を増やす。可処分所得が減るなら年金は逆に増やす。無理なら自殺や犯罪、または日本人の経済難民が増える。


高齢者が働けるのは大変結構なことだ、子供を扶養する負担がないのだから報酬は低めでも良いさ、体力は衰えてるが「昔とった杵束」で初めて働く若造よりは生産性は高いぞ、国民全員が一生涯働き続けて国家を支えようじゃないか


働かない奴を穀潰しって言うんだよ金あるなら別に働かなくてもいいけどね


年金制度がとっくに崩壊してるからに決まってんじゃんwww さっさと認めちまえよバカどもwwwwwwwww


「70歳就業法開始、なぜ」と聞かれれば答えは、「(日本人が思ったより長生きで)年金制度が持たないから」で事足りるが…。本来「このままじゃ国が亡ぶぞ、どうしよう?」まで語らないといけないのに、それをするのはここのコメ欄みたいな「小規模な素人の集団」ばかりで、政治家も各メディアもそれぞれ思惑はどうあれ「語らない」と言う点で一致しちゃってるという嫌~な状態…。


変動為替相場制の独自通貨国は自国通貨建て国債発行にインフレ率(供給能力)以外の制約はないので、供給能力が充分にある内は財源問題なんぞありません。


財政再建を放棄して、国債格付けを無視して、プライマリーディーラーの銀行が国債買い続けてくれるって世の中舐めてるとしか思えないわー。そもそも社会保障のために国債発行って財政持続性を理解してないでしょ。


俺が70になる頃には90歳くらいまで働く法律になるんだろうな・・・


労働力単価を下げたいからでしょ。外国人を国内に入れるのも、女性を家庭から引っ張り出したのもそのためよ。


金はもう大丈夫だから、俺は55歳で山に籠ってドンキPC解体したりドクロコイン鋳造したり包丁研いだり500円磨いたり油圧プレスでいろんなもん潰したりして余生を送る予定。


>ちょっさん 外国人労働者を増やそうとしてるのは、単に1次産業中心で国内に働き手が居ないからで単価とは関係ないかな(元々が低賃金で単価を上げる経営体力もないし)。女性を引っ張り出すのは、財政検証でも書いてあるけど労働参加率を上げて、社会保障の負担者を増やすためですよ。70歳まで働かせるのも何人か書いてる通り、払える年金が足りないからです。


富は、労働人口を増やす、ことで増えるんじゃなくて効率化の為の技術革新や投資による効率化によって増える、って理解出来るまでせめて勉強しよう 知ってた?お使いのネット端末ならタダでそれが学べるんだ …どうせ検索もしない人向けに結論先に書くと、女性や老人を低賃金奴隷として増やす程に、中抜きゴミ九頭が喜ぶだけの仕組みなんだわ だから推し進めてるワケ


マクロスライドで年金カットは、物価が上昇してるさなかやったから安倍が異常なだけだったけどなw


物価上昇に対して給付額を抑制するのが目的なんだから合ってるよ。ちゃんと理解してる? https://www.bank-daiwa.co.jp/column/articles/2019/2019_194.html


70歳まで正社員で、の条件が企業に強制されるなら千歩譲って我慢できるかも。今は60歳過ぎると嘱託扱いで収入1/3以下だぜ。ただそうなると一部の老害社員が居座るし。60歳でさっさと定年退職して居なくなって欲しいわ、本当に(ちょっと混乱)。逆にさっさと定年したい人も70歳まで辞められなくなる。まずは公務員の皆様に手本を見せて頂きましょうか。


年金受給者が受け取る年金額は、賃金や物価の変動率によって毎年改定される。その改定率を調整し、給付額の増加を抑える仕組みがマクロ経済スライドだ。年金給付額を実質的に減らすことで、少子高齢化によって年々増加する現役世代の負担を軽減することを目的としている。 ←これね、未だに「安倍が異常」とかバカが沸くんだなぁ。


ぶっちゃけ安い労働者が欲しいからだぞ